河西仁日記

<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 台北3日目 | main | 出版記念セミナーを開催 >>

初出版

0

    アイビー・リー 世界初の広報・PR業務』(同友館)を上梓した。

     

    これは修士論文を元に再構成・加筆したもので、主に海外文献や先行研究論文の調査・分析を通して明らかになった、「パブリック・リレーションズのパイオニア」アイビー・リーの全体像を紹介すると共に、現代パブリック・リレーションズの概念形成における彼の貢献を立証しようとしたものだ。

    また、リーが20世紀初頭に抱えていたパブリック・リレーションズの企画実践における課題と、現代の広報エージェントが直面している課題の共通性に注目し、どうすればこれらの課題を克服できるか、筆者なりの答えを見出そうと持論を展開している。

    目次
    序 章 アイビー・リーの人物像
    第1章 20世紀初頭のアメリカの経済環境とメディア事情
    第2章 世界初の本格的広報業務の始まり
    第3章 不祥事を広報活動で沈静化
    第4章 ブランド構築としての広報
    第5章 リーの過ち:過信と誤解
    第6章 現代の広報エージェントとの共通課題
    終 章 本書の意義とリーに関する書籍や論文の概況

    Top | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | -

    この記事に対するコメント

    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.hkasai.com/trackback/878204
    この記事に対するトラックバック